ナビ

機能性表示食品サービス

機能性表示食品の届出支援・研究レビュー作成に関するサービスのご紹介です。

ナビ

食品における機能性表示制度

2015年4月より、食品における機能性表示制度が開始されました。

この機能性表示食品の制度は、“いわゆる健康食品”と同じ方法で開発・販売しようと思っても上手くいきません。『特定保健用食品(トクホ)』と同レベルで、適切な情報を準備しなければなりません。

機能性表示食品として届出が受理され、売上を継続的に上げていくには、適切な科学的根拠(エビデンス)を準備し、法規制に則った広告表現をする必要があります。

機能性表示食品の重要な概念

高度な専門知識と豊富な実績で様々な問題に対応

ご存知のとおり、機能性表示制度には、医薬品開発の仕組みを参考とした部分が多く含まれており、高度な専門知識が必要となってきます。

「申請して受理さえされれば良い」という考えで届出を行っても、必ずと言ってもいいほど問題が発生してきます。

さらに、現在は消費者庁からの指摘事項が厳しくなっており、届出が受理されないケースも非常に多く発生しています。

当社では、今までに医薬品や医療機器、機能性食品の開発、行政当局対応など、様々な業務に携わってきたノウハウを蓄積しています。

当社の最大の強みは、医薬品・医療機器、機能性食品の開発と、薬事法規に関するコンサルティングの知識・経験を兼ね備えたプロフェッショナルである、ということです。

今までに多くの企業様の届出サポートを行っており、機能性表示食品の受理実績として、110を超える製品で弊社の研究レビューが使用されています。

法規制、機能性エビデンス、広告表示の観点など、あらゆる面を考慮して、スムーズに機能性表示食品を開発・販売出来るよう、全面サポートいたします。

機能性表示食品に関する各種サービス

具体的な内容としては下記のような内容です。
  • 機能性関与成分のエビデンス調査
  • 機能性関与成分の定量・定性確認サポート
  • システマティックレビュー(メタアナリシス含む)の実施
  • 機能性表示食品の申請書類の作成代行・サポート
  • 機能性表示食品の申請書類の第三者チェック
  • 臨床試験の実施サポート・論文作成
  • 適正なプロモーション活動・広告戦略
  • 法規制に則ったプロモーション活動・広告戦略の策定

上記など、機能性表示食品に関する商品開発~販売・広告宣伝までの一連の流れを、ワンパッケージで全てサポートすることが可能です。

※当社が実施した研究レビューにつきまして、既に機能性表示食品として126商品にて受理されております(2017年8月末時点)。

システマティックレビュー(SR)の流れ

  1. 初回面談

    クライアント様の依頼内容を確認し、どのような素材でどのような機能性表示を行うかを聴取します。
  2. 実施の可否およびスケジューリング

    ご要望に合わせたシステマティックレビュー(SR)が可能かどうかを調査し、実施可否およびスケジューリングをご連絡いたします。見積もりについても提示させていただきます。
  3. 契約締結

    システマティックレビュー(SR)の実施に先駆けて、契約書の締結を行います。契約書のフォーマットは当社様式でもクライアント様の様式でも対応可能です。
  4. 中間報告

    システマティックレビュー(SR)の途中段階での結果についてご報告いたします。 実施上の懸念事項(エビデンスの強さ、バイアスの有無など)があれば、共有させていただきます。
  5. 最終報告

    システマティックレビュー(SR)結果についてご報告いたします。スクリーニング結果、個々の論文の質評価、機能性の評価、限界などの詳細情報について説明いたします。

上記ケースは、あくまで一例でございます。クライアント様のご要望に合わせて調整して実施いたします。

また、次のような個別の相談にも全て対応いたします。

  • 自社の素材が機能性エビデンスを持っているのか?
  • どのような機能性表示をうたうことが可能なのか?
  • システマティックレビューで肯定的なデータを得ることは可能なのか?

システマティックレビューに関するお悩みや、機能性表示食品の開発・販売についてご不明な点がございましたら、まずはお気軽に問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ

お電話もしくはお問い合わせフォームにてお問い合わせを受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください!

フォームによるお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

お急ぎの場合はお電話にてお気軽にお問い合わせください。

Tel.03-6869-3452

受付時間(土日・祝日除く)

このページのトップへ